紫外線ケアの基本と日焼け止め選びについて

日差しが強い季節になると、やはり紫外線対策が気になってきますよね。
しかも若い頃のように単純に「黒くなりたくない、焼けてヒリヒリしたり皮がむけるのがイヤだ」という理由だけでなく、歳をとってくると「コレ以上シミを増やしたくない」という切実な思いがどんどん強くなってきます。

 

ただ、そんな紫外線に関する知識で意外に知られていないことも多いものです。この記事では、紫外線ケアの基本と日焼け止めの選び方についてご紹介します。

*紫外線の種類とは?

紫外線には波長の長さによって3つの種類があります。
そしてその3つの種類と言うのは、「UV-A」「UV-B」「UV-C」です。このうち、「UV-C」は現時点ではオゾン層でカットされるために地表に届くことはありません。

 

紫外線のうち地上に届くのは、「UV-A」「UV-B」の2種類です。
このうち、肌を赤くしてしまう、いわゆる「日焼け」のもとになってしまうのが「UV-B」です。

 

「UV-B」は肌表面の細胞膜を破壊してしまったり皮膚に炎症(やけど)を起こしてしまうので、シミやソバカス、そして皮膚がんなどの原因になってしまいます。

 

一方、「UV-A」は、UV-Bのように日焼けなどのすぐに目に見える変化は起こしません。
しかし、波長が長いためにお肌の奥の真皮層まで到達し、ジワジワとコラーゲンを破壊するなどシミやたるみなどを引き起こしてしまうのです。

*日焼け止めの選び方は?

先ほど紫外線には種類があると書きましたが、お肌にとっては当然「UV-A」「UV-B」どちらの紫外線も防ぎたいもの。
そして、日焼け止めを選ぶ際にチェックしたいのがが「SPF」や「PA」の表記です。

 

「SPF」は日焼けのもとになる「UV-B」を防ぐ目安で、数字が大きいほどその効果は高いとされています。
また、「PA」は「UV-A」を防ぐ目安で、こちらは+の数が多いほど効果が高くなっています。

 

日焼け止めを選ぶ際は、やはり効果の高い方が良い!とSPFの数値が高いものを選んでしまいがちですが、SPFが高い日焼け止めというのはそれだけ肌への負担も高くなります。

 

また、そもそもSPFというのは「紫外線を浴びた際に肌が赤くなるまでの時間を何倍長くできるか」というのを表したものです。
なので、あえて数値の高いものばかりを選んで肌に負担をかけるより、そこそこの数値のものをこまめに塗り直すことのほうが効果が高く、かつお肌にも優しいと言えます。

 

普段使いの際はSPF20~30程度の物でも十分ですよ。もちろんレジャーの際などはSPF50が安心ですが、特に毎日使うという人は、お肌に負担の少ない物を選ぶのが手ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です